SSL対応作業代行サービス

サイトのSSL化対応はもうお済みですか?

このページを御覧頂いている、WEB関係に関わる方であれば、度々ニュースなどでも取り上げられているため、
「SSL」という言葉を耳にしたことのあるという方は多いのではないでしょうか。

世界最大、日本でも利用者が一番多いと言われる「Googleのブラウザ Chrome」では、SSL化未対応のサイトのアドレスバーに
「保護されていない通信」という警告が表示されることが、随分前から告知されていました。

既にSSL対応済のサイトには、画像の様に「保護された通信」という文字がアドレスバーに表示されます。

サイトのSSL化対応

具体的には、2018年7月24日にリリースされる「Chrome68」というバージョンからだということで、
すでに「常時SSL化は既に待ったなし」という状況です。

特に、自社のビジネスとしてのWEBサイトだと、警告がどの様な影響をもたらすかは想像が付くのでは無いかと思います。

SSL化とは

SSL化

SSL化というのは、すべてのサイト内のページの情報を暗号化することを言います。

そうすることで、サイトの改ざんやサイト内のコンテンツを通しての情報漏洩を防ぎ、ユーザーをハッキングなどの犯罪から守る為に、既に述べた通り、今後はSSL化対応は当たり前の時代になります。

SSL化対応サイトはGoogleからも一定の評価を貰えるとも言われています。

弊社では2017年より、新規サイト作成時には最初からSSL化で構築し、既存のWEBサイトのオーナーには一刻も早くのSSL化を強くおすすめしてきました。

自分のWEBサイトがSSL化されているかどうかが判らないという方は、サイトのアドレスを確認してみてください。アドレスの頭にある、「Http」の後に「s」が付いていればSSL化対応済ということになります。

SSL化対応

https://kishiwada-net.jp ← SSL化対応済
http://kishiwada-net.jp ← SSL化未対応

SSL化することのメリットは?

SSL対策
(日経新聞より)

SSL化することによって、自分のサイトが、このサイトは「保護された通信」と表示されるようになるわけですが、それ以外にも、以下の様なサイト管理をする上でのメリットを挙げることが出来ます。

・訪問者に対してセキュリティ強化による信頼性のアピール
・HTTP/2対応ブラウザで表示速度のアップ
・アクセス解析上のリファラーの精度アップ
・Googleの検索結果(SEO対策)の一貫

デメリットがあるとすれば、SSL化未対応のサイトをSSL化するにあたっての経費ぐらいなものでは無いでしょうか。

SSL化の作業

弊社では、この「待ったなしのSSL化」作業の代行を行っております。

SSL化作業代行費 30.000円(税別)~

*SSLサーバー証明書を無料で発行しているレンタルサーバーご利用の際の料金となります。
*SSLサーバー証明書を別途申請する必要がある場合、サーバーの引っ越し作業を伴う場合は別途実費が必要となります。
*上記はWordPressのSSL化に対しての基本料金となりますが、静的サイト(HTMLサイト)に関しては別途ご相談ください。

まずは以下のファームより必要情報を送信ください、折返しご連絡差し上げます。

ページ上部へ戻る